読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドタバタな恋模様

唐突に落っこちた深い深い沼

ちょっと前の、この時期になると思い出すこと

この前、元担がおなじ友達と少し前の話をしていて、そういえばこんなの書いたな〜って引っ張り出してみた。

 

2017/03/02 11:36

ふまパラをさっき初めてちゃんと見たんだけど、なんか超よかった。もしこれに行ってたら、ほくと担のままだったのかなとか思った。
TDC近くで目情が出て、わたしでさえほくとくんが出ることを確信して、なんとなくチケット見始めて。まぁないだろうな〜って思ってたら、立ち見だったけど定価で出てたんだよね。なかなか売れなくて、あ、ふまパラはそんな感じなのかって。
もし行くならひとりだし、周りは風磨くんとかじゅりくんとか慎ちゃんの担当だろうし、なんか怖いなぁって。まぁサマステは行くし行かなくていいか〜ってまた行かない方を選択した。

もし行ってたら今もほくと担だったかもしれない。ほくと担のままサマステを終えてたら少年たちに何回も入って、もしかしたらアイランドは1回くらいでこんなもんかって終わって、東西に入って楽しくて。
でも実際はサマステで希望の星を見つけて、ドリボに入って、わたしにしては珍しくアイランドに何回も入った。
そのアイランドでまた違うときめきの星を見つけて、結局今はその子を応援してる。その子の団扇が持ちたくて持ちたくてしょうがない。

もし、って思うけど「もし」の先に今のときめきはない。行かない選択をしたのも自分だし、行く選択をしたのも自分。

わたしは、もうちょっと6人を好きでいたかった。個々で見ればみんないい子なんだよ。それは分かってる。でも6人でいたときのパワーがわたしには負の方向にしか働かなかった。一番好きだった頃の6人はいない。変わったのは6人かもしれないし、わたしかもしれないし、6人とわたしかもしれない。

もしかしたら、グループが出来てなかったらまだほくと担だったかもしれない、とさえ思ったこともある。

もう前の話だけど、6人でクリエが行われると知って嬉しくて、でも気づいたら2人と4人になってた。わたしはもちろん2人のクリエに行った。楽しかった。いい空間だった。でも誰も来なかった。みんな忙しかったのかもしれないけど、それだけじゃないと思った。だからあのごたごたの流れの真ん中にいて、2人になった方の、少数の方のファンだったから、ずっと応援しなきゃって、勝手に思ってた。本当に勝手に。

いくつもの「もし」を考えるけど、多分今の道以外にときめきはない。もし、って思える分だけわたしは前に進めたんだと思う。